【書籍紹介】眠れなくなるほど面白い体脂肪の話

書籍紹介
この記事は約3分で読めます。
眠れなくなるほど面白い体脂肪の話表紙

眠れなくなるほど面白い体脂肪の話

ご存知の通りダイエット中のデブおじさんなのでこういう本を買って読んでみました
彼を知り己を知れば百戦殆からずというやつです

書籍紹介

監修者:土田 隆(よこはま土田メディカルクリニック 院長)
発行者:吉田 芳史
発行所:日本文芸社
定 価:935円(本体 850円 + 税 10%)

概要(Amazon商品ページより)

シリーズ累計発行部数80万部突破!体脂肪をテーマに、
健康・実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!
ダイエットでも課題になる体脂肪。
そもそも内臓脂肪と皮下脂肪ってどう違うの?など基礎的な話から、
それぞれがどういう理由で付いてしまうのか、また、付いてしまったら最短で落とす方法は?
などなど、体脂肪に関する実用的な情報をわかりやすく、図解、イラスト付きで専門家が解説します。
お腹のお肉がなかなか落ちない…。健康診断で内臓脂肪を指摘された…。そんな悩みは本書で一発解消!
自分と家族の体と健康のためにぜひ読んで頂きたい一冊です。

第一章 体脂肪を知る

この章では体脂肪の存在理由、体脂肪はどのようにして増えるのか、体脂肪のつきやすさの比較など
体脂肪とはなんぞや?といったことがまとめられている
体脂肪をどうにかするための基礎知識といったところか
なぜ年齢を重ねるとお腹が出てくるのかといったことについても触れられているので気になる方はぜひ

第二章 体脂肪と病気の関係

この章では体脂肪が多いとどのような病気のリスクが上がるか、また体のどの部分に負担がかかるかなどがまとめられている
いわゆる「脅しパート」
まぁ肥満が体に良くないのは周知の事実として、肥満がどのように影響してリスクを上げるのかなどが説明されており、読んでると怖くなってくるパート
実際に私も睡眠時無呼吸症候群を始め、いくつか思い当たる点があった

第三章 内臓脂肪を減らすための食べ方

この章から体脂肪を減らす方法、つまりダイエットに関わる内容が書かれ始める
結局ダイエットは「何を食べるか」ではなく、「何をどのようにどれぐらい食べるのか」ということに尽きる
同じようなものを食べたり飲んだりするならこっちのほうがこういう理由で良いといったことが書かれており、ダイエット中だけどお肉が食べたい・お酒が飲みたいという方が参考にできる話が多く書かれていた

第四章 脂肪を落とすためのテクニック

この章は実際に体脂肪を落とすための運動について書かれている
運動によって体脂肪が落ちる原理やどういった運動をすればよいのかが書かれており、自分には一番有益な情報が書かれていた章
ちなみに水泳もおすすめされていました
自分のような規格外デブは足腰への負担がすごいので、やはり水泳は正解だったようです

所感

全127ページの一冊
眠れなくなるほど面白いとあるが、読み終わるまでにそれほど時間がかかる一冊でもないので夜ふかしの心配はなさそうである
大体1時間前後あれば読み終えることができると思う
右ページに文章、左ページに右ページの文章の内容をわかりやすく図解したものというページの構成になっており、実際に文字を読むのは全体の半分といったところ
全4章構成となっており、各章で体脂肪に関するいろいろな話が研究機関の実験結果等も交えて紹介されていて面白い
昔は常識だったことが、最近の研究で否定されていたりすることなども紹介されているため、ダイエット方法を考える一助になりそう
全体的に分かりやすく記述されているので読みやすい一冊
個人的にはもうちょいボリューム有っても良かったかな?という感じではある
眠れなくなるほど面白いシリーズは何冊か出ているようなので、気になるジャンルの話があればまた手に取ってみようと思う

余談

112pの最初「◎運動にしかたにも「正解」がある」は 「運動”の”しかたにも~」の誤字かな?
気になったので書いておきます
ちなみに自分が購入したのは2023年9月20日発行の第12刷

コメント

タイトルとURLをコピーしました